生地

アイディアを具体化するために用いられる生地は、イタリアと英国の最高のサプライヤーから選択されます。

ジャガードや「糸染め」織物は、とても柔らかいシルクは有名なコモ地方の絹織物工場から、温かいウールはビエッラ地方の羊毛加工工場から供給されています。また「後染め」織物は、主に英国で行われている伝統的な手作業のプリントの持つ風合いや魅力から来ています。実際、当社は、手作業でプリントされた生地を用いて製作を行っている、今では数少ない会社の一つです。

サテンからガーゼ織りまで、オックスフォードからダブルチェインまで、更にバスケット織りからツイルにレップス織りまで。多くの織りが生地の開発のために用いられ、多くのデザインと配色と共に、Bigi Cravatte Milanoによって製作された手工芸品の小さな最高傑作に姿を変えていきます。

 
 
プリント

プリント

プリント生地、もしくは「後染め」には、主に36オンスのイングリッシュ・ツイルが用いられます。伝統に基づき、今日でもなお生地の品質を増すために手間のかかるプロセスの手作業によりプリントされています。プリントでもより厚みのあるネクタイを制作するためには、同じ手作業のプリントですが、高級な50オンスのツイルを用います。この高級な生地に加え、コレクションには少数ながらオートマチック工程の新しい技術であるインクジェット・プリントが含まれます。

 
ジャガード

ジャガード

ジャガードの生地は「糸染め」とも呼ばれ、織機で製作されます。経糸と緯糸によってデザインと裏抜けが表現されます。主にコモ地方で購入され、ジャガードの生地は異なるタイプの紡ぎ糸を用い製造され、例えばブーレット、ブクレ、ノップ、その他多くがあり、全て異なる組成を持ちます。

 
ウール

ウール

ネクタイに用いられるウールの生地は主にビエッラ地方で購入されます。この場合にも紡ぎ糸は異なる組成と質を持ち、トラディショナルウール、カシミア、シェトランド、タスマニアは、異なる織りとデザインを可能にする織機で織られます。ウインターコレクションでは、温かみのあるタッチとスポーティーな感性を与えるために、ウールの生地はシルクの生地の代わりによく用いられます。

 

Questo sito web utilizza i cookie per essere sicuri di ottenere la migliore esperienza sul nostro sito. Uteriori informazioni

ACCETTA